憧れのカラーコーディネート

女性の憧れの仕事のひとつ、カラーコーディネーター。カラーコーディネーターという肩書きはドラマの登場人物にも多く、なんとなくでもいいイメージ、かっこいい職業。そう思う人は多いようです。


でも、実際のカラーコーディネーターはどんな仕事をしているの?
プロになるにはどうしたらいいの?そういう疑問がとても多いことでしょう。


基本的にカラーコーディネーターとは、色彩のプロ。色を自由に操る知識を身につけた人たちのことです。


最近やっと定着してきた仕事ではありますが、今ではさまざまな生活シーン、ビジネスシーンで必要とされています。


カラーコーディネートの専門知識を必要とする分野は、ファッションやメイク、インテリア。個人の住宅の壁紙ひとつとっても、空間の色彩がイメージは、とても大切なもの。


それを発展させると、大規模なホテルやレストランなど、雰囲気を重視した建物そのものの空間つくりにつながるのです。

フィード