保育士

昨今のニュースでよく見かける言葉、「待機児童」。


これは本来なら、保護者の希望で保育園に入園すべき状況にありながら、受け入れ先の保育園に空きがなく、自宅での保育、もしくは別の高額な受け入れ施設に通わざるを得ない子供たちのことです。


少子化といわれながらも、働く女性が増えている現状、また、子供を抱えて一人で働かなければならないシングルマザーやシングルファーザーが増加している時代ですから、保育園の必要性は今までにないほど差し迫っているのです。


保育士のニーズもその結果、減るどころか増え続けているのが現状です。


保育士資格を持つ人の就職先は、保育園だけに限られません。個人でベビーシッターをする、会社や福祉施設、病院の託児所で働く、幼児教室の講師をする際にも有力な資格です。


保育士を目指す人は、短大や専門学校へ行って2年間勉強し、資格を取得するというケースが主でしょう。


しかし、ユーキャンの保育士講座なら、基礎から勉強できて、しかも12ヵ月で十分に資格試験に合格する準備が可能。在宅でも保育士を目指す女性たちのファーストステップです。

フィード