宅地建物取引主任者 1

宅地建物取引主任者、通称「宅建」。


一般の人でも宅建は不動産屋さんが持っている資格という程度の知識はあるようです。


正しくは宅地建物取引主任者の資格者の仕事は、不動産の売買や賃借物件の代理、媒介など、不動産に関わるあらゆることのエキスパートです。


また、外からではわかりにくい意外なところでは、金融関係があります。
融資の担保には不動産があてがわれるケースもままあります。


宅地建物取引主任者の専門知識は、こういう場所でも大いに活躍してくれるのです。


現在の規定では宅地建物取引主任者は各事務所に5人に1人の割合で、配置することが義務付けられているのです。


不動産仲介業者にかかわるとしたら、避けては通れない資格のひとつです。


就職や転職、また不動産業界内でのスキルアップに活用するために、この資格の取得を目指す方は増えています。


その一方で、副業として不動産関連を考えている方が、その一歩として、まず資格を先に取得するパターンも最近では増える傾向にあります。。

宇都宮で評判のエステは個人サロン

近頃、宇都宮で評判のエステサロンに行ってきました。リンパの流れを良くするオイルマッサージで肩こりが酷かった私もスッキリ。
スリムビューティハウスみたいに大手のエステサロンのように高額なコースを勧誘されないのも好印象でした。

フィード