初級シスアド 1

世の中の情報化が進むにしたがって、従来の手書きの書類の管理から、コンピュータでのデータ管理へとものすごい速さで移行しています。


企業の規模や社歴に関係なく、多くの職場にコンピューターが導入され、通常業務はもちろん、データ管理、商品管理など、日々活躍しています。


そしてそれによって、誰もがコンピューターを使わざるを得ない環境になり、その普及率は増加の一途です。


しかし、コンピュータがあっても、自分の職務に必要なことだけ使えるという人が大多数なのも事実。


本当に必要なのは、コンピューターを使いこなせる人。どの業種、どの職場でも必要不可欠な技術者が求められています。いいかえれば、それが、システムアドミニストレーターの技術です。


システムアドミニストレーターはコンピューターシステムを構築する専門のシステムエンジニアやプログラマーといった職種の人と、そのシステムを利用する一般利用者の間で、両者の溝を埋めるべく、色々な技術が求められます。


シスアドは国家資格ですから、国家試験に合格することが目標。


ところがその試験には実務経験もパソコン歴も必要ありません。
年齢や学歴さえも問われないのです。誰にも平等に、その機会は与えられています。

フィード