気象予報士 2

気象予報士の資格試験に合格するには、大気や気象現象の構造、気象業務法事などの一般知識、数値予報や気象における災害などの専門知識が必要です。


それらの内容は、大学一般レベルの数学や物理学程度と言われています。


気象そのものの知識は浅くても、理系の勉強をしてきた方、趣味で続けている方にとってはさほどの苦労はないでしょう。


ただし、実際のしょごとは内容が細かく分かれておりますし、、またそれぞれに専門知識を必要としますので、気象予報士の試験の合格するには、しっかりとスケジュールを立て、準備していくことが大切です。


ユーキャンの気象予報士講座は、自宅で集中的に学習したい方にぴったりです。標準受講期間は8ヶ月。8ヶ月で試験合格に挑戦できるのです。


テキストは、初心者にも分かりやすいよう、図やテキストを豊富に使い、専門用語や数式には細かい解説がついています。


また、CG映像で気象現象の原理が分かる、入門ビデオもついていますので、テキストだけではなく、動画で気象の世界に触れることが可能。理解と興味を促されることでしょう。

フィード