気象予報士 1

気象予報士の歴史は意外と浅く、1993年の気象業務法改正によって創設され、第一回の試験は1994年に実施されています。


気象庁の許可を受け、気象現象の予報業務を行う事業者は、気象予報士の資格を持つ者に行わせなければなりません。


気象予報士は国家資格です。合格すれば自治体、民間企業を問わず、就職や転職にとても有利な専門職です。


資格試験に合格するには、大気や気象現象の構造、気象業務法事などの一般知識、数値予報や気象における災害などの専門知識が必要です。


それらの内容は、大学一般レベルの数学や物理学程度と言われています。
学科試験に合格した後は、実技試験を受け、合格してはじめて資格がもらえます。


気象予報士の試験は、非常に難しそうなイメージがありますが、自宅での勉強でも、十分に合格の準備ができます。


ユーキャンの気象予報士講座の標準受講期間は8ヶ月。
8ヶ月の集中で試験合格に挑戦です。

フィード