ケアマネジャーって、何?

日本は高齢者問題が深刻です。そんな日本だからこそ、福祉の仕事は日々成長していますし、それに携わる人たちのグレードもアップせざるを得ない環境です。


しかし、その一方、人材確保の面では、なかなかの苦労を強いられているようです。


ケアマネジャーって、いったいなんのことでしょう?通称ケアマネと呼ばれるその仕事は、介護関係の総合的な知識が必要になってきます。


その人にとって最適なケアプランを立て、的確なサービスの手配をすること。介護する側とされる側、両者それぞれの実態を把握し、橋渡しをしなくてはいけません。


このケアマネジャーの資格は、医療・福祉・保険関係の実務経験が5年以上ないと取れません。


ですから、受験できる資格者の数がまだまだ少なく、介護保険施設などでは、常により多くの人材を募集しているのです。


ユーキャンの通信講座で、ケアマネジャーの資格を取った方の数は、合格者全体のなんと4人に1人かも?という数字があるそうです。


やはり実務経験が問われる資格ですから、働きながら取得を目指す方が多い。それゆえ自宅で勉強できるスタイルがぴったり、人気なわけです。

フィード