銀座カラーのお得講座

もし、あなたがお得に全身脱毛をしたいと考えているなら銀座カラーがオススメです。単発の料金では決して格安とは言えない銀座カラーですが、期間無制限の全身脱毛コースがポイントです。

回数や期間を気にせずに通えるから、忙しい人でもお金が無駄にならずに安心して最後まで通えるのが銀座カラーの強み。最初から高額のコースには踏み切れないという人には、お試しプランもその時々で色々お得なものが出てくるので銀座カラーのHPは要チェックです。

就職に有利な資格:カテゴリー

旅行業務取扱管理者 2

ユーキャンの旅行業務取扱管理者講座は豊富なテキストと添削指導で標準受講期間6ヶ月。

資格取得を目指すのは国内コース、海外旅行までを扱える総合コース、ふたつの種類に合わせたテキストを用意しています。まず、どなたでも取り組みやすいのは国内コースでしょう。


そして、語学が堪能な方でしたら、海外旅行までを扱える総合コースにトライするのもよいでしょう。


仕事としてはもちろんですが、ご自身の語学のスキルアップには海外旅行自体がビジネスになる旅行業務取扱管理者はうってつけの職業といえるでしょう。


テキストは、初心者にも分かりやすいように、重要ポイントや用語解説も、しっかりまとめてあります。


クイズ形式に問いかけるように作られているので、勉強そのものも楽しいはず。副教材には、法令集と過去問題3年分をセットしました。


法令集は、実際の旅行業務にも役立つ条文が掲載されているので、資格取得後も安心です。


疑問点が理解できるまで、質問は何度でも可能です。
メールを使っての質問が可能なので、時間で縛られることもなく自分のペースで学習できます。


旅行業務取扱管理者 1

気軽に海外旅行ができるようになってから、30年以上がたちました。

渡航者の数は、年々増加の一途です。お客様に安心して、そして楽しく旅行をしていただけるように計らう旅行会社の仕事は、とてもやりがいがある仕事です。


そもそもこの資格を希望する人は自分自身が旅行好きであること、もしくは人様のお世話、つまり旅行を通じてお客様の満足を提供したいサービス業に向いている方が適職かと思います。


中にはご自分の語学力を生かして、海外にかかわる仕事として、旅行業務取扱管理者を希望する方もいらっしゃいます。仕事でありながら、世界各国を回る醍醐味はかけがえのないものでしょう。


旅行業務取扱管理者の資格は2種類あります。国内旅行のみを扱うものと、海外旅行までが扱えるものです。


どちらの資格試験も、実務経験や年齢などの受験資格はありません。


旅行業務取扱管理者は国家資格ですから、旅行会社の営業所には1人以上の管理者をおくよう、法律で定められています。いうまでもなく、そのニーズは高まっています。


簿記3級 2

簿記3級の資格試験では学歴、年齢、実務経験などは問われません。


また、簿記の内容には、その他の資格と同様に、中には専門知識も必要になてきますが、初めて簿記に触れる方でも十分に合格が期待できる資格なのです。


再就職のために、何か資格を持っておきたいという主婦の方にもぴったりです。主婦でありながらも数字に強い方は大勢いらっしゃいます。


社会経験がある分、数字の仕組みもきっと理解しやすいのでは?


ユーキャンの簿記3級講座は標準受講期間は4ヶ月です。スケジュールは無理のないように、1日1時間の学習で立てられています。


それでも15週間で、基本から合格までの実力を身につけられます。家事や仕事の合間に、自分のペースで勉強できるスタイルが魅力ですね。


ユーキャンのテキストは図解やイラストが豊富です。楽しみながら学習できますし、目標を資格試験の合格にしぼっているので、合格に向けた試験対策や添削指導も受けられます。


法改正などにも、追加テキストを作成するなど、迅速に対応しています。
学習期間中に変更があった場合にも安心です。


簿記3級 1

会社が人材を雇用する際、簿記の資格の有無に重点を置いているところは、少なくありません。


それ以外にも、大学や短大の推薦入試の基準などにも、採用されています。また、新しいところでは、日商簿記2級合格者の授業料を免除される大学も出てきているようです。


まるで、スポーツ特待生と同じ立場、同じ処遇です。有望株ということです。


一般職に就こうとするなら、簿記の道は通っておいても損はしないでしょう。簿記とは、経済取引の管理をし、それと共に、その内容を記録するための記帳方式のことです。


簿記は1級から4級までの階級に分かれており、それぞれに資格試験が存在します。


簿記3級では、財務担当者に必要な基本知識を身につけると共に、取引先企業の経営状況も理解できることを目指します。


一般的に3級の資格を持っていれば、就職活動も有利に運ぶようです。1級ともなれば、会計士や税理士レベルと言われています。


商業高校や専門学校では当たり前のように学ぶことですが、大学などに進学してしまった人は学業の傍ら、自宅で学ぶことが就職活動には得策です。


日本語文章能力検定 2

ユーキャンの日本語文章能力検定合格講座では、3級と準2級の合格に的をしぼりました。


社会人の評価となりはじめる級ですが、その内容は高校生レベル。基本からしっかりと学んでいけば、仕事をしながらでも十分に合格が狙えます。


また、日本語そのものの学習ですから、仕事や実生活に活きてくる内容です。学びながら、すぐに活かせる場面に遭遇することもあるかもしれませんね。


標準受講期間は6ヶ月です。1日の学習はわずか30分程度。
テキストには、イラストやチャートが満載。


ユーキャンでは、目標を合格にしぼった進め方をしてくれるので、効率のよい学習が可能なのです。副教材には過去問題集がセットされています。


そ添削課題も用意されていますので、テキストで理解したら、過去問で自分の力にする。そして講師に添削をしてもらういながら、実力アップが図れます。


国語が好きな方、もしくは嫌いで苦手なまま来てしまった方。どちらのタイプにも自分の母国語、日本の面白さ、仕組みが再認識できるチャンスです。


学生の方は成績にもその効果が反映されるかも?

就職の際、どんなジャンルの業界に入っても、このスキルぜったい有利に働くことでしょう。


日本語文章能力検定 1

ちょっと前までの常識では日本人による、日本語文章能力検定なんていうものはごく限られた専門職の人のためか、またその検定そのものがあること自体、一般人には知りえなかったのではないでしょうか?


この資格が一般的になってきたその背景には、若者に代表される日本語の乱れや外国語ブームの反動があるのかもしれません。


日本語文章能力検定は、あなたのその「日本語力」の証明になる検定です。


日本語文章能力検定は、1級から7級までに分かれています。実際に、就・転職などに活用できる目安としては、高校卒業程度の検定内容になる、3級・準2級からと言われています。


日本語に自信がある人も、すでに言葉を操る職業に付いている人も、ご自分の日本語力を客観的に評価される、それも検定という一定基準の中で行われることにはきっと興味があることでしょう。


ユーキャンの日本語文章能力検定合格講座なら、就職のための資格取得もできますが、自分の日本語力を試すいいチャンス!自宅にいながら趣味の延長としてトライする方も多いのです。


調理師

コックさんや板前さん、ケーキ屋さんにパン屋さん・・・、これら、食に携わる職業の人には資格が必要。


そしてその資格は専門学校に通わなければ、取得できないと思い込んでいる方はすくなくありません。


特に昔からの職人の修行という考え方ですと、若いときから目指さなければ調理師にはなれないと思ってしまうがちです。


でも、実は調理師免許も、自宅での勉強でで十分に取得を目指せるのです。


ユーキャンの調理師講座は、調理師を目指す学習が初めての方でも、分かりやすい教材を揃えています。ポイントを抑え、試験に効果的なテキストで、効率のよい学習を進めていきます。


専門用語集や問題集もついていますので、この講座ひとつで、試験に向けての学習に必要なものが全て揃うのです。


調理師の試験を受験するには、2年以上の実務経験が定められています。


条件によってはアルバイトやパートも認められるので、働きながら学習を重ね、知識はユーキャンで、テクニックは現場で学ぶという有意義なプランも実現できますね。


宅地建物取引主任者 1

宅地建物取引主任者、通称「宅建」。


一般の人でも宅建は不動産屋さんが持っている資格という程度の知識はあるようです。


正しくは宅地建物取引主任者の資格者の仕事は、不動産の売買や賃借物件の代理、媒介など、不動産に関わるあらゆることのエキスパートです。


また、外からではわかりにくい意外なところでは、金融関係があります。
融資の担保には不動産があてがわれるケースもままあります。


宅地建物取引主任者の専門知識は、こういう場所でも大いに活躍してくれるのです。


現在の規定では宅地建物取引主任者は各事務所に5人に1人の割合で、配置することが義務付けられているのです。


不動産仲介業者にかかわるとしたら、避けては通れない資格のひとつです。


就職や転職、また不動産業界内でのスキルアップに活用するために、この資格の取得を目指す方は増えています。


その一方で、副業として不動産関連を考えている方が、その一歩として、まず資格を先に取得するパターンも最近では増える傾向にあります。。


実用ボールペン字

字を見ると、その人が分かるといいます。
性格や精神状態までがその字に表れる。と言い切る人までいるものです。


でも、すべての方がそうとはいえない。


人柄もよく、勉強も仕事もできるのに、残念ながら直筆の文字がいただけない。そういう方も大勢いらっしゃるのです。


これは本当に残念なこと。せっかくのさまざまなチャンスを、その字面で逃している事だってあるはずです。


そういう方こそ、今がいに知念発起のチャンス!
週5日、1日20分で驚くほど字が上達できる方法があります。ユーキャンの実用ボールペン字講座です。


ユーキャンの実用ボールペン字講座は最初の8日間で、ひらがな46文字をレッスンします。文章の中で、ひらがなが占める割合は、70%と言われています。


ひらがなが美しくなるだけで、あなたの字はその印象をがらりと変えることでしょう。


漢字も実用的な内容のテキストを用意しています。レッスン後、すぐに活用できる内容なので、学習にも無駄がありません。


美しい文字を習得したら、またあたらしいチャンスも巡ってくるはず。就職、転職もこわくない!


信頼できるといえば、行政書士 3

とかく通信教育は地道なイメージがありますし、ましてやそれが法律に関する勉強だとしたら、それだけで孤独で長く辛い道・・・、と思いがち。


でも、ユーキャンの行政書士講座なら、現在別の仕事をしながらでも資格試験に向けて、自宅で十分に準備ができます。


綿密でありながら、無理のないペースにたてられた、スケジュールをこなすだけで試験合格を目指します。


メインテキストには、図解はもちろん、マンガやイラストも用いています。ユーキャンの行政書士講座には過去10年分の実際の試験問題集がついています。


実際の出題問題ですから、焦点にブレがなく、判断を誤る無駄な学習時間が生じません、
通信講座に添削というものはつきものですが、ユーキャンなら、一人一人の成績や受講経過、質問状況などをしっかりと記録していますから、的確で効果の高い添削指導が受けられるます。


孤独になりがちな在宅学習も、ユーキャンのサポート体制があれば、くじけない持続力も養えるはず。目標を遂げるまで、それは大きな力になるはずです。


信頼できるといえば、行政書士 2

分からない事が、複数の案件に渡っているので、どこに相談したら良いか分からない。


そういうとき、市民にとって頼れるのが行政書士の存在です。
弁護士とはまた違った、もっと普通の生活に密着した法律の専門家。生活に根ざしている分、一般の人たちとのやりとりも多岐にわたります。


行政書士の資格は、国家資格でありながら、比較的取得しやすいと言われています。年齢や性別、学歴などの受験資格がありませんので、誰でも受験する事ができます。


年々、女性の受験者も増えており、社会での活躍も増加の一途。独立する人もめずらしくありません。


また、法律の分野でありながら、法律に関してまったくの初心者からでも、行政書士に合格できる例が多いのも特徴のひとつ。


行政書士の資格は、その他の法律系資格と内容が重なる部分が多いので、まずは行政書士を目指し、その後、司法書士や税理士の資格取得を目指す、というケースもままあります。


自宅で十分に、行政書士の資格取得を目指せる学習方法として、ユーキャンの行政書士講座をお勧めします。


信頼できるといえば、行政書士 1

そもそも資格を得たいという発想は、社会的に信頼を得たい。そしてその信頼を職業にしていきたい。


そういう思いが人々を資格取得への夢や向上心を支えていくのだと思います。


行政書士と聞いてイメージされるものは法律や司法の専門家、官公署とのやりとり。いずれも固いイメージばかりですが、そこには必ず依頼する人たちとの間に信頼が介在するのです。


新しく仕事を始めるための各種届出の書類を、企業や個人に代わって作成する。つまり、依頼人の代行をするわけです。


その他、遺産の相続、外国人の帰化など、現代で生活をするための大切な許認可の届出、書類の提出など、信頼がなければ成り立たない重要なやり取りばかりです。


法律の知識がまったくない一般市民空の信頼をそのように仕事でかなえていくか?
やりがいとともに、その人間性が大きく問われる大切な職業です。


気象予報士 2

気象予報士の資格試験に合格するには、大気や気象現象の構造、気象業務法事などの一般知識、数値予報や気象における災害などの専門知識が必要です。


それらの内容は、大学一般レベルの数学や物理学程度と言われています。


気象そのものの知識は浅くても、理系の勉強をしてきた方、趣味で続けている方にとってはさほどの苦労はないでしょう。


ただし、実際のしょごとは内容が細かく分かれておりますし、、またそれぞれに専門知識を必要としますので、気象予報士の試験の合格するには、しっかりとスケジュールを立て、準備していくことが大切です。


ユーキャンの気象予報士講座は、自宅で集中的に学習したい方にぴったりです。標準受講期間は8ヶ月。8ヶ月で試験合格に挑戦できるのです。


テキストは、初心者にも分かりやすいよう、図やテキストを豊富に使い、専門用語や数式には細かい解説がついています。


また、CG映像で気象現象の原理が分かる、入門ビデオもついていますので、テキストだけではなく、動画で気象の世界に触れることが可能。理解と興味を促されることでしょう。


気象予報士 1

気象予報士の歴史は意外と浅く、1993年の気象業務法改正によって創設され、第一回の試験は1994年に実施されています。


気象庁の許可を受け、気象現象の予報業務を行う事業者は、気象予報士の資格を持つ者に行わせなければなりません。


気象予報士は国家資格です。合格すれば自治体、民間企業を問わず、就職や転職にとても有利な専門職です。


資格試験に合格するには、大気や気象現象の構造、気象業務法事などの一般知識、数値予報や気象における災害などの専門知識が必要です。


それらの内容は、大学一般レベルの数学や物理学程度と言われています。
学科試験に合格した後は、実技試験を受け、合格してはじめて資格がもらえます。


気象予報士の試験は、非常に難しそうなイメージがありますが、自宅での勉強でも、十分に合格の準備ができます。


ユーキャンの気象予報士講座の標準受講期間は8ヶ月。
8ヶ月の集中で試験合格に挑戦です。


マイクロソフト オフィススペシャリスト 2

ユーキャンの、マイクロソフト オフィススペシャリスト講座は、自宅にいながら短い期間で集中的に資格取得をめざせます。


この資格の検定試験は試験時期が決まっている国家資格などとは違って、随時実施されています。ですから、短い期間で検定の準備をし、一気に合格を狙う事が可能なのです。


ユーキャンのマイクロソフト オフィススペシャリスト講座は、Wordのみのコース、Excelのみのコース、基本編、応用編など、いくつかのコースに分かれており、自分にあったコースを受講できます。


検定試験そのものが、基本をおさえた「スペシャリストレベル」と、基本を理解した上で、高度な知識が求められる「エキスパートレベル」に分かれているからです。


自分のレベルや、目指す職業に合わせて選ぶもよし、もしくは、ふたつを一度に学習できるコースも用意されています。


ユーキャンなら、カリキュラムやプランはお墨付き。教材も、テキストの他にCD-ROMを用意して、試験対策も万全です


迷っている暇はありません。この検定試験は短期集中が可能なのです。


就職活動、転職活動をしながら、かたわらでこの資格をとっておけば、さらに活動しやすくなるはずです。


マイクロソフト オフィススペシャリスト 1

今やビジネス社会には、パソコンの存在は必要不可欠です。


資料作成、企画書、経理など、すべてがパソコン操作によって稼働している時代なのです。


より有利な就職活動を目指して、多くの人が注目するのもパソコンでの資格の取得。数あるパソコンの資格の中でも、一番安定しているもののひとつがマイクロソフト オフィススペシャリストの資格でしょう。


この資格は、マイクロソフト社が認定する世界標準資格です。マイクロソフト社が開発した、WordやExcelなどが入っているオフィスという、ビジネス用パソコンソフトがあります。


ビジネス上必須と言われており、ほとんどの会社で導入されています。


これらのソフトを使えるではなく、使いこなせる能力の証明として、このマイクロソフト オフィススペシャリストの資格が授与されるのです。


世界標準資格ですから、転職の際に非常に有利です。


異なる職場へ転職する場合はもちろん、異なる業種の場合でさえ、この資格は役にたってくれるでしょう。


どの企業へいっても求められる資格、使いこなせる技術は、社会人にとって力強い後ろ盾です。


実力が合格を決める、ファイナンシャルプランナー

ユーキャンのファイナンシャルプランナー講座の、標準受講期間は6ヶ月です。
この6ヶ月間で初心者でもプロの知識が身につくように作られています。


テキストには、資格試験対策はもちろんですが、実際にファイナンシャルプランナーとして仕事をする際にも、重要な知識が豊富に組み込まれています。


ユーキャンで受験指導をしてきた講師陣だからこそ、出来る奥の深いテキストです。まったくの初心者でも、中級者でも、理解しやすい工夫が施されています。


学習には、初回からきちんとカリキュラムを組み、1ヶ月の学習ごとに課題を提出します。資格試験対策として、学習内容によってはテキストの他に、ビデオでも学習することができます。


ファイナンシャルプランナーの資格試験は、学科試験と実技試験があります。学科試験はマークシート式、実技試験は記述式です。


しっかりとした知識、実力がなければ、合格は望めません。


ユーキャンのファイナンシャルプランナー講座なら、この実技試験にも対応できるテキストを用意しています。自信を持って合格点を狙えます。


金融のエキスパート、ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーといえば、金融のエキスパートとしてTVなどにもコメンテーターとして出演。


プロの立場から、経済社会の世相をコメントをしている。そういう印象をお持ちの方も多いのでは?


そもそもファイナンシャルプランナーとは、個人の人生設計のアドバイスをする国家資格を持った職業のことです。


現代は、個人の資産といえど、さまざまなかたちで保管したり増やしたりする時代。資産運用は企業の問題だけではなくなってきているのです。


例えば銀行。銀行で個人の資産運用の手助けをしますし、不動産屋では、不動産購入時に抱えたローンの返済の設計などをお手伝いします。


プロの立場から、お客様に色々なアドバイスができる職業ですが、その内容から、自分の資産管理にも、非常に役立つことは言うまでもありません。


ファイナンシャルプランナーは、その重要度から平成15年に、国家資格となりました。それだけ世間からは、注目されている職業、信頼できる人材でなければ登用しないという職種なのです。


責任のある仕事、ケアマネジャー

ケアマネジャーの検定試験は、5年以上の実務経験が必要です。


しかし、その働いてきた職種によって、若干検定内容が変わってきます。ユーキャンでは、まず、その内容に合わせて4コースから選択できるようになっています。


自分の検定に必要な知識だけを学習できる、とても効率がいい方法です。


ユーキャンのテキストは分野ごとに分かれています。さらに項目別に細かくレッスンを分けているので、学んでいくのに区切りがつけやすい。


副教材も充実していると評判です。過去の試験を徹底分析し、その出題傾向から小冊子を作成。持ち運びに便利なサイズですから、通勤電車などでも、食後の空き時間でも、いつでもどこでも試験勉強ができます。


過去問題集や法令集も教材に含まれていますので、この講座の他に買い足すものは不要です。法改正や、試験制度の変更にも、柔軟に対応しています。


その都度、追補版テキスト等を送ってくれるので、あわせて学習することができて便利です。学習が進む毎の添削課題はもちろん、受験情報や最新ニュースもお届けします。


ケアマネジャーって、何?

日本は高齢者問題が深刻です。そんな日本だからこそ、福祉の仕事は日々成長していますし、それに携わる人たちのグレードもアップせざるを得ない環境です。


しかし、その一方、人材確保の面では、なかなかの苦労を強いられているようです。


ケアマネジャーって、いったいなんのことでしょう?通称ケアマネと呼ばれるその仕事は、介護関係の総合的な知識が必要になってきます。


その人にとって最適なケアプランを立て、的確なサービスの手配をすること。介護する側とされる側、両者それぞれの実態を把握し、橋渡しをしなくてはいけません。


このケアマネジャーの資格は、医療・福祉・保険関係の実務経験が5年以上ないと取れません。


ですから、受験できる資格者の数がまだまだ少なく、介護保険施設などでは、常により多くの人材を募集しているのです。


ユーキャンの通信講座で、ケアマネジャーの資格を取った方の数は、合格者全体のなんと4人に1人かも?という数字があるそうです。


やはり実務経験が問われる資格ですから、働きながら取得を目指す方が多い。それゆえ自宅で勉強できるスタイルがぴったり、人気なわけです。


憧れのカラーコーディネート

ユーキャンのカラーコーディネート講座はとても充実した教材特徴。自宅学習ですから、教室や学校に通って講義を受ける学習と違って、しっかりとした、学習プランを立てることが大切。ましてや、資格試験があるものは、このプランそのもので受講者の学習意欲、モチベーションが維持できるかどうかも決まってしまうくらいです。この講座では、専門講師が、そうした学習プランを組み立て、それに合わせたテキストと添削課題を用意します。受講者は、順番にそって学習していくことで、検定試験に合格する実力と職場で活かせる色彩感覚と知識が身につけられるるのです。
副教材には実際に、カラーコーディネーターとしてプロの現場で仕事をする際にも必要になってくる、配色カードがついています。資格取得だけではなく、その後の仕事をも見越した教材ですから、学ぶ姿勢、緊張感も違ってきます。
この講座は教育訓練給付制度の対象にもなっています。失業中であることなど、一定の条件を満たしている方を対象に、最大学費の40%(上限20万円)を国が支給してくれる制度です。こうした制度をうまくつかって、憧れのカラーコーディネーターへの就職や転職を実現しませんか?


憧れのカラーコーディネート

女性の憧れの仕事のひとつ、カラーコーディネーター。カラーコーディネーターという肩書きはドラマの登場人物にも多く、なんとなくでもいいイメージ、かっこいい職業。そう思う人は多いようです。


でも、実際のカラーコーディネーターはどんな仕事をしているの?
プロになるにはどうしたらいいの?そういう疑問がとても多いことでしょう。


基本的にカラーコーディネーターとは、色彩のプロ。色を自由に操る知識を身につけた人たちのことです。


最近やっと定着してきた仕事ではありますが、今ではさまざまな生活シーン、ビジネスシーンで必要とされています。


カラーコーディネートの専門知識を必要とする分野は、ファッションやメイク、インテリア。個人の住宅の壁紙ひとつとっても、空間の色彩がイメージは、とても大切なもの。


それを発展させると、大規模なホテルやレストランなど、雰囲気を重視した建物そのものの空間つくりにつながるのです。


TOEIC(R)テスト対策 2

TOEIC(R)に関する書籍や問題集は、数多く出版されています。


書店には、必ずそのコーナーが書棚の一角をしめる普遍的な資格と言えます。しかしその一方、書籍の数が多すぎて、どれを手にすればいいか分からずに悩んでしまうといった声もあるのです。

ユーキャンのTOEIC(R)テスト対策講座は平均的な英語力を示す、500?650点の突破に目標をしぼり、集中的に学習を進められる教材です。

ユーキャンのTOEIC(R)テスト対策講座には、テストの勉強にありがちな、丸暗記方式はありません。テキストのみの学習ではなく、DVDでのレッスンもあります。


DVDはボキャブラリーを増やすための講義を収録。ただひたすら単語を追うだけではなく、例文や関連性を持たせた授業で、よりいっそう解りやすい構成になっています。


英語力に一番大切なのはボキャブラリー。知っている語彙が多ければ、それだけでも理解度が深まるものです。


1日の学習時間を30分に設定。無理のないカリキュラムで着実に試験に備えます。


自分自身ですべての対策をたてる勉強方とは違いますから、日々確実にこなすことで、TOEIC(R)の高得点も十分視野に入ります。


TOEIC(R)テスト対策 1

かつて、英語ができる基準というのは英語検定に示されていた時代があります。


でも実際に英語検定では生活やビジネスでつかえる生きた英語が習得できているかどうかは判断が付かなかったものです。近年、脚光をあびている英語の判定基準と言えば、TOEIC(R)です。


TOEIC(R)は、自分は英語でコミュニケーションをとることができます。と外部に示す世界共通の資格。1年に、世界中で実に450万人以上が、その試験を受けていると言われています。


TOEIC(R)を、業務におけるポジションの基準とする会社は、珍しくありません。


例えば海外出張。何の保障もない社員を、出張に向かわせる不安より、TOEIC(R)で保障された安心を持つ社員を、出張に向かわせる方をとる会社が多いのは、間違いありませんね。


このテストを受けていることが、昇進や昇格のスタートラインに立つ条件のひとつなのです。


TOEIC(R)は、合否ではなく、テストの結果に応じて10点から990点で評価されます。そしてビジネスにおけるその基準は、500点?650点と言われています。


この500点?650点という数字はリスティング、リーディングともに、平均的な英語力を示しています。


初級シスアド 2

初級シスアドの資格試験には、実務経験などは一切必要ありません。


つまりコンピュータ関係がまったくの初心者でも、基礎からしっかりと学ぶことこで合格する可能性は十分にあるということです。


ユーキャンの初級シスアド合格指導講座は、初心者はもちろん、パソコンがあまり得意でないという方でさえも、非常に分かりやすく学習がきると好評です。


テキストには、図表やイラストが満載。資格取得に目的を絞り、試験情報などもしっかりカバーしています。


テキスト内容に合わせたビデオもついておりますので、初心者でもイメージがしやすく、さらに効果的。シスアドに関する現場での情報も豊富に得ることができます。


ユーキャンの初級シスアド講座では、標準受講期間6ヶ月中、合計7回の添削指導を受けることができます。


また、解らないことは、納得できるまで何度でも質問が可能。サポート体制が整っていますので、通信講座ならではの孤独感もなく、安心して資格取得を目指せます。


また、教材には、初級シスアド講座用語集というものがついていて、辞書がわりに使えます。


例えば新たに辞書を追加するといった必要もなく、この講座一式のみで十分に資格取得が可能です。


初級シスアド 1

世の中の情報化が進むにしたがって、従来の手書きの書類の管理から、コンピュータでのデータ管理へとものすごい速さで移行しています。


企業の規模や社歴に関係なく、多くの職場にコンピューターが導入され、通常業務はもちろん、データ管理、商品管理など、日々活躍しています。


そしてそれによって、誰もがコンピューターを使わざるを得ない環境になり、その普及率は増加の一途です。


しかし、コンピュータがあっても、自分の職務に必要なことだけ使えるという人が大多数なのも事実。


本当に必要なのは、コンピューターを使いこなせる人。どの業種、どの職場でも必要不可欠な技術者が求められています。いいかえれば、それが、システムアドミニストレーターの技術です。


システムアドミニストレーターはコンピューターシステムを構築する専門のシステムエンジニアやプログラマーといった職種の人と、そのシステムを利用する一般利用者の間で、両者の溝を埋めるべく、色々な技術が求められます。


シスアドは国家資格ですから、国家試験に合格することが目標。


ところがその試験には実務経験もパソコン歴も必要ありません。
年齢や学歴さえも問われないのです。誰にも平等に、その機会は与えられています。


TOPPAGE  TOP 
フィード