簿記3級 1

会社が人材を雇用する際、簿記の資格の有無に重点を置いているところは、少なくありません。


それ以外にも、大学や短大の推薦入試の基準などにも、採用されています。また、新しいところでは、日商簿記2級合格者の授業料を免除される大学も出てきているようです。


まるで、スポーツ特待生と同じ立場、同じ処遇です。有望株ということです。


一般職に就こうとするなら、簿記の道は通っておいても損はしないでしょう。簿記とは、経済取引の管理をし、それと共に、その内容を記録するための記帳方式のことです。


簿記は1級から4級までの階級に分かれており、それぞれに資格試験が存在します。


簿記3級では、財務担当者に必要な基本知識を身につけると共に、取引先企業の経営状況も理解できることを目指します。


一般的に3級の資格を持っていれば、就職活動も有利に運ぶようです。1級ともなれば、会計士や税理士レベルと言われています。


商業高校や専門学校では当たり前のように学ぶことですが、大学などに進学してしまった人は学業の傍ら、自宅で学ぶことが就職活動には得策です。
看護師中途採用 東京都

フィード